熊本県鉄筋工事業協同組合

熊本県鉄筋工事業協同組合の住所・電話番号
熊本県鉄筋工事業協同組合の防災への取り組み

新型コロナウィルス感染症対策・災害対策

新型コロナウィルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴う建設工事等の対応 (参照:国土交通省)

○公共工事等の安全安心に必要な社会基盤に係る事業者については、緊急事態宣言時においても最低限の事業継続を要請 ※「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」においては、公共工事の早期執行を図り、景気の下支えに万全を期すこととされている

○緊急事態宣言時においても、国民の安定的な生活の確保の観点から、インフラ運営関係等に係る事業者については、自宅等で過ごす国民が必要最低限の生活を送るために不可欠なサービスを提供する関係事業の事業継続を要請

工事現場等での感染予防対策

○建設現場やオフィスにおける、感染予防対策の基本的事項について、「建設業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を作成し、周知。 (令和2年5月14日国土建第18号等)

施工中の工事の現場等において、現場状況などを勘案しつつ、アルコール消毒液の設置や不特定の者が触れる箇所の定期的な消毒、現場でのマスク着用、手洗い・うがいなど、感染予防の対応を徹底するとともに、受注者を通じてすべての作業従事者等の健康管理に留意するよう依頼

○コロナウイルス感染症の感染者(感染の疑いのある者を含む。)及び濃厚接触者があることが判明した場合に、速やかに受注者から発注者に報告するなど、所要の連絡体制の構築を図るとともに、都道府県等の保健所等の指導に従い、感染者本人や濃厚接触者の自宅待機をはじめ、適切な措置が講じられるよう依頼
(令和2年4月8日国土入企第6号、 令和2年4月17日国土建第7号、令和2年5月25日事務連絡等)

○建設工事の現場では、元請事業者はじめ、施工に携わるそれぞれの立場で、極力、「三つの密」の回避や影響の軽減がなされることが重要。特に、建設現場での朝礼・点呼、各種打合せ、着替えや食事休憩、密室・密閉空間における作業などについて、他の作業員と一定の距離を保つことや作業場所の換気の励行など、「三つの密」の回避や影響緩和のための対策徹底等について依頼建設現場の「三つの密」回避等の取組事例についても周知
(令和2年4月8日国土入企第6号、 令和2年4月17日国土建第7号、令和2年5月25日事務連絡等)

建設現場「三つの密」の回避等に向けた取組事例

消毒液の使用やうがい、石鹸による手洗い励行、体温測定等による健康管理と作業・打合せ時のマスク着用等、政府の対 処方針※を踏まえた対策の徹底とともに、建設現場の「三つの密」の回避等に向けて現場では様々な取組・工夫が実践

朝礼・危険予知活動における取組事例

朝礼・危険予知活動における取組事例 1

○ 朝礼時の配列間隔の確保 (作業員間の一定距離の確保(2m程度))
○ 伝達事項等に即した朝礼等の時間短縮や内容の効率化
 (説明のポイントを絞った時間短縮、伝達事項が明確な資料の活用等)
○ 肩もみ等の接触を伴う活動の省略
○ マスクの入手が困難な場合の指差し呼称の省略
 (指差し呼称する場合には十分な距離を確保する)
○ 朝礼時の体温測定等(非接触体温計の活用等)
○ テレビ通話等の利用による現場・事務所間の遠隔開催 等

現場事務所等での業務・打合せに関する取組事例

朝礼・危険予知活動における取組事例 2

○ 事務作業時の対人間隔の確保や窓等の開放による換気
○ Web(TV)会議やメール・電話による対面の打合せ等の削減
○ 対面で打合せ等を行う場合には十分な対面距離を確保
(例)対面距離を2.0m以上空ける、3人掛けの机を2人掛けで利用する、対面とならないよう座席を配置する など
○ 時間差による打合せの分散化や、打合せ時間の短縮・人数の縮小
○ 現場事務所等での空気清浄機の使用 等

食事・休憩時における取組事例

朝礼・危険予知活動における取組事例 3

○ 休憩室等の窓・ドア等の常時開放や定期的な換気の励行
○ 車中における食事・休憩の励行、休憩時間の分散化
(時間差による休憩室や更衣室等の利用、班別の休憩取得の励行など)
○ 更衣室や休憩室等での一定の対人距離の確保
○ 簡易なパーティション(アクリル板等)による密接の防止
○ 手洗い時のタオルの撤去(ペーパータオルの利用等) 等

現場作業や移動時の取組事例

朝礼・危険予知活動における取組事例 4

○ 作業員の配置のブロック分けによる密接した作業の回避
○ 車両での移動時の同乗・相乗りを避け個別の移動を励行
(現場へ移動する車両数を増やす、近隣に借地し駐車スペースを確保する等)
○ 現場と自宅の直行直帰の推奨
○ 重機や車両等の操作前の消毒等の徹底
(ハンドルや操作レバー等を消毒する、車両運転時にゴム手袋を着用する等)
○ 密室・密閉空間での換気や送風機等の使用の励行
(室内作業や型枠組立、内装工事など) 等

【新型コロナ対策】 対策に伴う熱中症リスク軽減等のための取組事例

新型コロナウイルスの出現に伴い、マスクの着用や三つの密を避ける等の「新しい生活様式」が求められている中で、建設現場では熱中症予防のための様々な取組・工夫が実践されている

マスク着用に関する取組事例

朝礼・危険予知活動における取組事例 5

○ マウスシールドやフェイスシールドの活用
○ 冷感素材等を用いたマスク等の活用
○ マスクと併用可能な空調機器等の活用
(空調機能が付いた作業服の着用や、首掛けクーラーの活用等)
○ 現場作業において、特に不要な場合はマスクを外す 等
(屋外で人と十分に距離を確保できる場合や一人での作業など
マスクを外しても良い例外的な場合を明示し、現場で周知等)

現場作業や休憩所に関する取組事例

朝礼・危険予知活動における取組事例 6

○ 現場でのスポットクーラーや扇風機等の設置
○ ドライミスト発生装置の設置
○ 屋外作業の現場で、送風機等により通気性を確保
○ テント付きの屋外休憩所の設置
○ 休憩所等において、エアコンと換気扇等を併用 等

熊本県鉄筋工事業協同組合

熊本県鉄筋工事業協同組合
熊本県鉄筋工事業協同組合の外観

熊本県鉄筋工事業協同組合
〒862-0924 熊本市中央区帯山6丁目3番59号
TEL 096-382-4594
FAX 096-382-1080
http://ktekkin.com/

お問い合わせ